恵比寿の脱毛・美容皮膚科・美容クリニックなら
レヴィーガ・クリニック

敏感肌はなぜ「かゆみ」が出る?肌がかゆくなる原因・解消法を徹底解説!

「なぜかわからないけど、急に肌がかゆくなることがある」と悩んでいませんか?

掻いてしまうと、赤くなったり、ブツブツになったり、掻きすぎて血がでてしまったり…「髪の毛が顔周りにあたるだけでかゆい」「洋服のタグがあたるだけで全身かゆい」など体中にかゆみが出てくることも。

今回の記事では、かゆみの原因・解消法について解説します

掻きむしって辛い思いをする前に対策方法について確認しておきましょう!

 

敏感肌の「かゆみ」の主な原因

「かゆくて、掻きすぎたら血が出てしまった…」などといった経験はありませんか?

かゆみを感じる神経は、皮膚の表面と真皮の境界線にあります。皮膚表面が刺激を受けたり、花粉などの外的アレルギーに反応したりすると、かゆみは引き起こります。

かゆみが起きる原因について詳しく解説していきます。

 

乾燥

皮膚のもっとも外側にある角層のバリア機能には、外的ウイルスや細菌の侵入、水分の蒸発を防ぐ働きがあります。

しかし、季節の変わり目やエアコンの使用により肌が乾燥すると、バリア機能が低下し水分や油分が失われてしまいます

すると少しの外的刺激に敏感に肌が反応するようになってしまうのです。

 

バリア機能の低下

外部の刺激からお肌を守るバリア機能が低下すると、外から細菌が侵入しやすくなり、かゆみなどの刺激を感じやすくなります。

バリア機能の乱れは免疫力の低下や乾燥、肌荒れなどによって引き起こるので、体調管理やスキンケアを怠らないことが大切です。

 

【バリア機能の低下要因】

  • 遺伝的なアトピー性皮膚炎
  • 肌に合わないスキンケア
  • 紫外線や花粉アレルギー、PM2,5など環境的刺激

 

などが、あげられます。

 

敏感肌トラブル「かゆみ」がもたらす影響

かゆみが私たちに与える影響は多岐に渡ります。

肌が荒れたり、赤みがでたりと肌への影響はもちろん、精神面にも支障をきたします。

かゆみがもたらす主な影響についてみていきましょう。

 

集中力の低下

「かゆいかゆいかゆい…」と、かゆみに意識がとられてしまい、仕事に集中できず本来の力が発揮できないということも。

痒みが業務に支障をきたすこともあるので、かゆみが強く出た時は専門医に相談するなど早めの対策をとってくださいね。

 

気持ちが落ち込む

「肌が赤くなった、ガサガサになった、にきびがでてきた」「肌が荒れるとメイクがのらない、化粧崩れする、自分の顔に自信がもてない、自宅から出たくない」など、気持ちが落ち込んでしまいますよね

また、メイクで隠そうとさらなる肌トラブルを招きかねません。

肌が荒れた時は無理に隠そうとせず、肌負担の少ない無添加化粧品やオーガニック化粧品を使うようにしてくださいね

 

肌がかゆくなる前の対策法

かゆみを我慢するのは至難の業。

「どうしてもかゆくて、掻きむしってしまう」「眠っているうちに掻きむしってしまった」などと頭を抱える方も多いのではないでしょうか。

肌を傷つけてしまう前に、かゆみ対策をしていきましょう。

 

肌に合う化粧品だけを使う

バリア機能の低下を防ぐためにも自分の肌に合うスキンケア(基礎化粧品)を使うことが大切です。

特に、肌が敏感になっているときに化粧品を変えるときは、必ずトライアルセットやサンプルから試し、使用後の肌状態を確認してください。ゴワつきやピリつきなど、少しでも異変・刺激があれば肌に合わない可能性が高いので使用をやめましょう。

スキンケアの選び方は、敏感肌用・低刺激・アレルギーテスト済といった記載のある化粧品がおすすめです

 

正しい洗顔&スキンケア方法を実践する

美肌を保つには毎日のスキンケアがとても重要です。

敏感肌を改善するためにも正しいスキンケア方法を確認しておきましょう。

 

皮脂を取り過ぎない洗顔方法

まずは、手を清潔に洗ってから洗顔しましょう。

  1. 手を濡らし洗顔料を適量とります。泡を乗せた手を逆さにしても落ちないくらいの濃密な泡を立てるのが理想的です。
  2. 手で洗顔するのではなく泡で洗顔するイメージで、優しく顔に負担をかけないように洗います。
  3. 優しく洗えたら、ぬるま湯でしっかり泡が残らないように流します。洗い流す水の温度が高いと、肌の保湿成分を奪ってしまうのでNGです。
  4. 洗い流すときは、刺激を与えないよう優しく流してください。(シャワーを直接顔にかけるといった刺激になるようなことは絶対NGです)
  5. タオルでの拭取りも、こすらず優しくおこなってください。

 

スキンケアでしっかり保湿

洗顔後、入浴後は肌が乾燥しやすくなっているので、スキンケアで肌を保湿します。

化粧水で肌の水分をしっかり補い、保湿美容液、保湿乳液、クリームで肌水分の蒸発を防ぎます。スキンケアで肌をしっかり保湿し肌のバリア機能を高めましょう。

 

肌に優しい素材の清潔な寝具を使う

1日の1/3の時間をともにする寝具

その寝具が不潔だったり、刺激性のあるものだとどんなにケアしても肌に負担がかかってしまいます。

 

  • 汗や皮脂が付着しており、ニキビや肌荒れの原因になる
  • ダニがいることでアレルギー症状がでる
  • 肌触りの悪い寝具(繊維)が刺激になって摩擦になる

 

優しい触り心地の寝具を選び、洗濯をこまめにして清潔に保ちましょう。

 

肌がかゆくなったときの解消法

かゆみを予防していても突然かゆくなることがあります。

掻きむしってしまう前に、かゆくなった時の解消法を確認しておきましょう。

 

患部を冷やす

おすすめの応急処置は患部を冷やすことです。

冷たい水で濡らしたタオルを、かゆみのある箇所にのせて、肌のかゆみを鎮静化させます

ただし、長時間になると身体が冷てしまうのであくまでも一時的な応急処置になります。

 

十分な睡眠や日常のストレスを減らす

ストレスや睡眠不足が続くと痒みを強く感じたり、痒みを我慢できなくなったりします。

日頃からストレスを発散することや睡眠前はストレッチやマッサージをおこない深い眠りにつけるよう努めましょう

 

病院で薬を処方してもらう

かゆみの症状が続く場合は皮膚科を受診することをおすすめします。かゆみを抑える薬には一般的にステロイドが使われています。

効果が高い一方で、長期的に使用すると肌が固くなるなどの副作用があるので使用の際は注意してくださいね。

 

肌がかゆいときにやってはいけないNG行動

肌をかく以外にも、肌が痒くなった時にやってはいけないNG行動がいくつかあります。

悪化させないためにも確認しておきましょう。

 

  • 強いこすり洗いは、摩擦や刺激に!
  • スキンケアの怠りは乾燥の原因に!
  • 汗を拭き取らずにいると、ばい菌が繁殖しかゆみの原因に!

 

どれも無意識のうちにやってしまいがちですよね。

肌が敏感になっているときは、特に気をつけましょう。

 

【番外編】ひどいかゆみはただの敏感肌じゃないかも?考えられる肌異常

赤みやかぶれ、かゆみが治まらないなどの症状の場合、かゆみの原因は敏感肌ではないかもしれません。

 

【考えられる肌疾患】

  • アトピー性皮膚炎:バリア機能が低下しアレルギー性の炎症を起こす
  • 接触性皮膚炎:金属やおむつなど対象物が肌に触れることで肌がかぶれる
  • 花粉症皮膚炎:花粉症により肌の赤みやかゆみが起こる

 

接触性皮膚炎や花粉症皮膚炎は、症状がわかりやすいですがアトピー性皮膚炎は自身で判別するのは難しいかもしれません。

いつもの肌と違うな…と感じたら医療機関に相談してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ただの痒みだと思って放置してしまうと、いつの間にか悪化し、さらなる肌トラブルを招きかねません。

かゆみや肌トラブルが起きた時は、かゆみが起きた原因を知り、正しく対処することが重要です

かゆくなってしまった場合は今回ご紹介したかゆみ解消法を試してみてくださいね。

皮膚の炎症、赤み、かぶれといった皮膚炎の症状を感じた場合は、悪化させる前に医療機関に相談しましょう。