痛みを軽減させて快適に医療脱毛をするには

Home > コラム > 痛みを軽減させて快適に医療脱毛をするには

痛みを軽減させて快適に医療脱毛をするには



医療脱毛でも痛みの少ない施術が受けられる


クリニックでの施術は、ものすごく痛いと聞いたことがある人もいるでしょう。そんな話を聞くと、痛みに耐えながらの施術は抵抗がある人もいるかもしれません。この強い刺激を受けることから、クリニックでの施術ではなくサロンでの施術を選ぶ人もいるようです。サロンでの施術では、一般的に光を使った施術方法となります。この光での施術は、医療機関でのレーザーやニードルと比べ効果は低いのですが、肌への刺激が少ないのが特徴です。痛みに弱い人にとっては、光での施術の方がいいと感じるかもしれません。しかし、施術を受けるのならムダ毛に悩まされない状態になりたいと思っている人も多いことでしょう。永久脱毛効果が得られるのは医療機関の施術だけです。
医療機関の施術は強い刺激を受けることで知られていますが、最近ではこの刺激を軽減してくれる最新機器も登場しています。最新機器では冷却装置を搭載し、レーザーを照射するとともに肌を冷却するため、以前の施術よりも刺激を大幅に軽減した施術となっています。この冷却温度も調節可能で、患者の刺激の感じ方によって調節することもできます。また、医療機関では麻酔を使えるのもメリットです。肌に塗って刺激を感じにくくする麻酔などを使って施術してくれるクリニックもあります。このように、医療機関での施術だからといって、痛みに耐えながらの施術を受けなければいけないということはなくなってきました。
今のクリニックでの施術では、痛みに耐えながらの施術ではなく、快適に脱毛ができるクリニックも多くあります。今まで施術での刺激が気になりクリニックの利用ができなかった人、確かな効果でムダ毛の悩みを解消したいと考えている人は、クリニックでの施術の利用を考えてみましょう。

クリニックならどこでも同じ施術なのか


最近のクリニックでは、強い刺激を感じにくい工夫をした施術を行っています。そのため、どこのクリニックでも刺激を感じにくい施術が受けられると思っている人もいるかもしれませんが、しっかりとクリニックを選んで施術を受けることが大切です。まず違いとして挙げられるのが、設置しているレーザー機器です。最新のレーザー機器は冷却装置が搭載され刺激を軽減させることができるのですが、古い機械ではこのような装置がないため強い痛みを感じやすい可能性があります。そのため、クリニック選びでは最新のレーザー機器が設置されているかを確認することをおすすめします。
また、クリニックでの施術方法としては、医療レーザーとニードルの施術に分けることができます。レーザーでの施術はレーザーを照射して脱毛をする方法で、広範囲にレーザーを照射できることから短時間での施術が可能です。クリニックでは、このレーザーでの施術が主流となっています。もう一つのニードルは、毛穴一つひとつに針を指し込み、電気刺激によってムダ毛処理をする方法です。レーザーでの施術では黒色のメラニン色素に反応して照射されるのに対し、このニードルでは人の目で毛穴を確認して施術をするため、高い効果が期待できるのが特徴です。また、ニードルではレーザーでの施術では難しい日焼けをした肌でも施術を受けることができます。
ただ注意しなければならないポイントとして、このニードルは強い痛みを伴います。また、レーザーでの施術と比べ毛穴一つひとつに施術をしていくため、どうしても広範囲の施術となると時間がかかります。そのため、広範囲の施術では最新のレーザー機器を使った施術、レーザーでは難しい部位に関してはニードルを選ぶとより効果的な施術が受けられる可能性があります。設置されている脱毛器、どのような施術が受けられるのかをチェックしてクリニックを選ぶようにしましょう。

痛みを感じる原因は使用する機器だけではない


施術時の刺激の原因は脱毛器の種類の違いだけではありません。一般的に強い刺激を受けるクリニックでの施術であっても、それほどの刺激を感じなかったといった人もいます。人によって施術時の刺激の感じ方が違うのです。これには、肌の強さや肌色も関係しています。敏感肌の人では強い刺激を感じることになるでしょうし、黒色に反応するレーザーでは色黒の人は強い刺激を感じることになるでしょう。
また、これは部位によっても大きな違いがあるようです。敏感な部位ほど痛みは感じやすく、特にVIOの施術に関しては多くの人が強い刺激を感じているようです。その他では顔脱毛があります。眉毛の下や鼻下などは女性の多くが脱毛をしておきたい場所ですが、この部位でも強い刺激を感じる人が多いです。
毛の濃さも刺激に関係することがあります。VIOは敏感な部分である上に濃い毛が生えているため、どうしても強い痛みを感じます。男性ではヒゲの施術を受ける際にも強い刺激を感じるようです。このように、施術での刺激は光やレーザーといった使用する脱毛器の違いだけではありません。痛みの少ないといわれる光での施術であっても、部位によって強い刺激を感じることもあります。
しかし、医療機関では麻酔の利用が大きなメリットとなります。強い刺激を感じる部位の施術は、麻酔を使って施術をすることができます。このメリットはサロンでの施術では得られないメリットです。クリニックの施術は痛いと懸念されがちですが、医療機関だからこそ使える最新のレーザー機器や麻酔によって、快適に脱毛をすることが可能です。安心できる医療機関でムダ毛に悩まされない生活を手に入れてみてはいかがでしょうか。

次の記事へ