痛くない医療脱毛機器と方法

Home > コラム > 痛くない医療脱毛機器と方法

痛くない医療脱毛機器と方法

医療脱毛を受けるときには、照射の時の痛みについても理解しておきましょう。エステサロンの脱毛を経験したことがある人であれば、脱毛には軽い刺激があることを知っています。しかし、エステ脱毛はあまり痛みを感じません。それは光脱毛のマシンが、出力のパワーが弱いためでもあります。エステで取り扱う脱毛マシンは出力がひくいため、施術時には心地よい温かさを感じるレベルです。VIOゾーンは若干痛みを感じても、我慢できないレベルではありません。

エステ脱毛の感覚で医療脱毛を受けると、その刺激の強さに驚くかもしれません。医療脱毛は基本的に、照射出力が高いために、照射をする時の痛みも強めです。毛質が太くて濃い状態の部位は、痛みも強く感じやすいです。デリケートゾーンの脱毛などになれば、ビキニラインは我慢ができても、IラインやOラインは、涙が出そうなほどの痛みがあります。照射時の感じ方に個人差はありますが、特にデリケートソーンは痛みが強いです。

しかし医療の世界が進歩するように、医療脱毛のマシンも改良がされ進化しています。そのため最新の医療レーザ脱毛器ともなると、ほとんど痛くないマシンも出てきています。全く痛くないことはありませんが、マシンに工夫がされていて、施術時にも痛みを感じにくくなっています。しかしクリニックによって、導入している医療レーザー脱毛機器は異なります。痛くない最新の医療脱毛のマシンかどうかを、事前にリサーチしておくことは必要でしょう。

痛みを感じにくい機種であれば、オリジナルの吸引システムにより、照射時にハンドピースで皮膚を吸引するというタイプもあります。そのことでメラニン色素だけにレーザー照射がおこなわれ、ダメージを与えていくので、ターゲットだけを狙って肌には負担がかかりません。この場合は、ほとんど無痛での医療レーザー脱毛が可能です。そういった最新式の脱毛器を導入している医療クリニックもあります。チェックしてみるのもいいでしょう。

医療レーザー脱毛のマシンは選ぶことなく、とにかく痛くないレーザー脱毛をしたいのであれば、医療機関ならではの強みを利用しましょう。脱毛をする時にできるだけ痛くないように、麻酔を使用するという方法です。クリームタイプの麻酔を使えば、脱毛も痛みを不安に思わないで行うことができます。塗るタイプの他にも、すぐに麻酔効果のある笑気麻酔を利用できる医療クリニックもあります。

次の記事へ