医療痩身で行う脂肪吸引施術

Home > コラム > 医療痩身で行う脂肪吸引施術

医療痩身で行う脂肪吸引施術

痩せたいと願っている女性にとって、ダイエットはつらくて我慢が必要なものであり、逆にストレスがたまったりリバウンドをしてしまう可能性も高いものです。食事制限を行って体重を落とすことに成功したとしても、必要な栄養素が摂取できていなくて体調を崩してしまったり、痩せたかったふくらはぎはたいして変わらないのに落としたくなかったバストが小さくなってしまったということもあります。希望する部分だけを痩せるというのは非常に難しいものでありますが、医療痩身ならその願いもかないます。

医療痩身にはたくさんの種類があり、脂肪溶解注射を行うことによって部分的な体内の脂肪を溶かし出すという方法も行われています。しかし、脂肪細胞の数はそのままなのでリバウンドの可能性も非常に高いものです。人の脂肪細胞の数は子供のころにすでに決まっているものであり、大人になって数が増減することはありません。細胞が膨らんだり縮むことによって太ったり痩せたりを繰り返すことになります。それゆえに、脂肪細胞を減らすという治療が最も適しているとも言えます。

医療痩身の中でも脂肪吸引では、脂肪を吸い出すという方法で部分痩せの治療が行われています。脂肪細胞ごと体外に排出することができるため細胞の数が減り、残された細胞が膨らんだとしても数が少ないことから以前のような太さにまでなるという可能性も低くなります。

脂肪吸引施術の方法は、先に体内の脂肪細胞を壊してやわらかくしておきます。血管収縮剤や生理食塩水、麻酔薬などを配合した液体を体内に入れ、ふやかしてやわらかくするという方法もありますが、超音波やレーザーを体の外側から照射させるという方法もあります。どちらもカニューレと呼ばれる細い吸引のための管を通すために皮膚を切開する必要があります。

体から脂肪を排出させるという行為は、簡単に見えてじつは体にも大きな負担を与えているものです。肌をメスで切っているので手術にもなるために縫合しなければならず、ダウンタイムもあります。急に脂肪がなくなった体内でも変化があり、体調が崩れるという可能性も否定できません。医師の腕も試される部分であり、脂肪吸引施術を受ける時には信頼のできる病院選びが重要になります。

誰でも安く済ませたいという気持ちはありますが、安い料金には理由があるものです。施術前にしっかりとした説明をしてくれ、施術後でもアフターフォローが完備されている病院なら安心です。実際に施術を受けた人の口コミを参考にしたりと安心できる病院を探してみてはいかがでしょうか。

次の記事へ