医療痩身での効果的なダイエット

Home > コラム > 医療痩身での効果的なダイエット

医療痩身での効果的なダイエット

医療痩身でのダイエットは、医療の力を味方につけることができます。そのため、ひとりで行うダイエットとは違い、効率的な痩身効果が期待できます。医療機器には効果の高い痩身マシンもありますし、部分やせだって期待ができます。医医療痩身のメニューには種類がありますから、クリニックで相談をしながら、治療方法も決めていくとよいでしょう。医療痩身は保険適用ではなく、基本的に自由診療になりますから、費用も高額になりがちです。

医療痩身をするにあたり、医療機関で飲み取り扱う、痩身のためのサプリメントを利用する方法もあります。太ってしまう人は、食べることが大好きで、つい食べ過ぎてしまう傾向にあります。食事制限がうまくいかないのも、悩みの種かもしれません。痩せるためには、ある程度は食欲をセーブする必要があります。そんなタイプには、食欲抑制の医薬品を処方という方法があります。胃袋を満たすのではなく、薬を飲むことで脳に働きかけて、食欲を抑えます。

食欲抑制の医薬品には、過剰に食べ過ぎてしまうのを防ぐ作用があります。ダイエットを成功させるためにも、大きく役立つアイテムです。しかしデメリットもあって、喉がかわいて水をたくさん飲みたくなったり、便秘になりやすいこともあります。薬になれないうちは、吐き気を感じたり、めまいや頭痛を感じるケースもあります。依存性があるタイプの食欲抑制の医薬品だと、長期的な服用は向いていないため、3ヶ月を目安に使用するパターンになります。

揚げ物や肉類など、油ものが好きな人には、脂肪吸収阻害剤の医薬品を処方されることもあります。食べた脂分の何パーセントかをカットして、排泄させるという薬です。気をつけたいのは、効果があるのは脂肪分にのみですから、炭水化物や砂糖に対しては、ほかの医薬品での対応になります。脂肪吸収阻害剤の副作用として、下痢気味になることもあるので、この点も気をつけなくてはいけません。食欲抑制剤と併用して利用するパターンは多いです。

医療痩身では、注射を使ったダイエットの方法もあります。特に部分やせをしたい人や、ボディラインを整えたい人にも向いている方法です。脂肪溶解注射は、リバウンドのない痩身方法とも言われています。痩せたい部分に極細の針で脂肪溶解の液体を注入していきます。ヒップや太もも、ふくろはぎや二の腕などの痩身にも効果的です。食欲を抑える薬と、脂肪吸収阻害剤の医薬品を飲みながら、ボディラインは注射でサイズダウンさせるダイエットもできます。

次の記事へ