効率的に痩せるための医療痩身

Home > コラム > 効率的に痩せるための医療痩身

効率的に痩せるための医療痩身

痩せてきれいになりたいと考える女性も多いものですが、ダイエットには食べたいものを我慢しなくてはならない食事制限や激しい運動を行ったりとつらいものであり、途中で断念してしまうことも多いものです。また、しばらく無理に行っていたために断念した後のリバウンドは大きいものであり、常にダイエットを繰り返しているという人もたくさんいます。

効率よく痩せたいと考えている場合には、ドリンク剤や食事置き換えなどでもたくさんの種類が販売されており、近年ではよりおいしく飲食しやすいような味で開発もされていますが、全体的に体重を落としたいという場合には適している方法です。しかし、体重を落としても見た目があまり変わらないということもあったり、痩せたかった部分はなかなか贅肉が落ちないということもあります。ふくらはぎや二の腕などではなかなか落ちにくく、しかし保持したかったバストが小さくなってしまうケースもあります。

部分的に効率よく痩せたい場合には、その部分にだけ作用させることが必要です。医療痩身では、狙った部分だけをダイエットしたいという人にとても役立ちます。医療痩身にはさまざまな種類がありますが、その一つに脂肪を溶かして流しだすという方法があります。外側から超音波やレーザーなどをあてたり、脂肪溶解注射を注入して流しだすという方法です。

溶けた脂肪は自然と体外に排出されていきますが、医療痩身施術ではこれを吸引してしまうという方法も行われています。脂肪吸引施術では、皮膚を切開手術をして専用の管を通すために開けて吸い出しますが、脂肪細胞ごと体外に排出することができるというメリットがあります。また、吸引した脂肪をバストに持っていくなど移動をさせることも可能です。自分の体にある脂肪なのでアレルギー反応が起きにくく、いらない部分は痩せてバストにボリュームを持たせスタイルよくすることができます。

脂肪細胞は、どんな人でも子供の頃にその数は決まってしまうものであり、大人になってから数が変化することはほとんどないといわれています。脂肪細胞が膨らむことによって太り、縮むことで痩せるといったメカニズムになりますが、もともと脂肪細胞が多い人には細胞が少し膨らんだだけでも大きく太ってしまいます。脂肪吸引では、細胞まで吸い取って細胞の数を減らすことができるというとても効率的なダイエット方法で、リバウンドの可能性も非常に低くなります。

次の記事へ