効果的な医療脱毛であるソプラノ脱毛

Home > コラム > 効果的な医療脱毛であるソプラノ脱毛

効果的な医療脱毛であるソプラノ脱毛


毛包細胞に反応するソプラノ脱毛



ムダ毛などを処理したいと考えた時、脱毛ということはメジャーな選択になってきました。できることならば、きれいに脱毛したいと思うはずですし、効果的な方法を選択したいと思うでしょう。その中で、医療脱毛という選択肢がありますが、さらに通常のレーザー脱毛とは異なるソプラノ脱毛という方法も出てきています。より気軽にできるようになった脱毛ですが、まだ知られていないことも多いでしょう。

そもそもソプラノとは何かといえば、ダイオードレーザーと呼ばれるレーザーを使った脱毛方法です。医療脱毛ですので、サロンなどで使われる機材とは全く異なり、出力も強いことがわかるでしょう。これまでのレーザー脱毛の場合、メラニン色素に反応する光を照射して、その熱によってダメージを伝えていき毛根を破壊していきます。これがレーザー脱毛の重要な仕組みになりますが、ソプラノ脱毛の場合には、この仕組みが少し異なり、毛包に反応するところがポイントです。強い熱を与えるのではなく、加熱するといった感じで毛包細胞を熱で破壊します。ですので、プロセスの根本的な部分から違いがあるレーザー医療脱毛であるといえるでしょう。

直接毛包細胞に反応するということは、黒いムダ毛に反応して熱を伝えていくということとは異なります。これが重要なポイントで、肌が黒い人や日焼けをした人でも安全に使うことができるということです。レーザー脱毛ということを考えると、日焼けをしたりすると、レーザーが反応してしまうため、使うことができませんでした。日焼けした肌の色のもとになっているのが、レーザーが反応してしまうメラニン色素だからです。毛根にも熱が伝わりにくく、反応しにくくなってしまうため、うまく使うことができないというのも問題でした。ところが、ソプラノ脱毛は毛包に作用するため、日焼けしていても関係がありません。適用範囲が大きく広がったのは、大きなポイントになるでしょう。



メラニン色素に反応するわけではないメリット



レーザー脱毛がメラニン色素に反応するものである以上、メラニン色素がなければ反応しません。つまり、白髪ということを考えると、メラニン色素がないから白いのですから、反応はしないということになるでしょう。若いうちはこうした問題はほとんどありません。ですが、年齢が高くなってくると、ムダ毛でも白髪が出てくるようになるでしょう。そうなると、レーザー脱毛を使っていても、いくら医療脱毛であっても、脱毛することができなくなってしまいます。ただし、白髪であってもソプラノ脱毛の場合は色ではなく毛包と反応するため、脱毛が可能な場合もあります。

ムラが出にくいというのも特徴のひとつです。レーザー脱毛は、照射にインターバルがあります。1回ごとにチャージして強力なレーザーをあてるため、1秒間に1回程度しか照射できません。これがムラになってしまう原因ですが、ソプラノ脱毛は方法が異なり、ダメージの少ない必要最低限のパワーで細かく照射して熱を蓄積してダメージを与えます。どんどん脱毛して行くことができるようになるため、ムラは驚くほど少なくなるのですから、大きな違いでしょう。



これから先の効果的な脱毛方法として



脱毛というと、痛みの問題が必ずあります。どんな方法であろうと、話に上がってくることでしょう。ソプラノ脱毛はといえば、痛みはあります。全然痛くないという人もいますが、痛みはあると思った方が良いでしょう。肌の薄い所に使えば、さらに痛みは増します。その理由が、毛包に対して作用しているからです。レーザー自体は弱い光ですが、表層に対して行うわけではないため、ある程度の痛みに耐えることになるでしょう。無痛ということは、絶対にありません。

医療脱毛ですので、効果は高い方法ですが、1回や2回で効果が発揮され、きれいに脱毛されるといったことはありません。一般の医療脱毛と同様に、回数を繰り返していくことが重要となるでしょう。レーザー脱毛の場合には、成長期に入ってきたときに狙って照射することが重要でした。そうなると、すぐに脱毛を始めることはできずに、毛周期に合わせることになるため、長期的に考えなければいけません。ところが、ソプラノ脱毛は、毛包に効果を与えるため、周期は関係なくなります。毛包は、ムダ毛を作り出す場所ですので、そもそも効果的な方法だということも大きなポイントになってくるでしょう。これが少ない回数と時間で脱毛が完了する理由ですが、もちろん、連続で施術することができるわけではありません。それでも、施術回数は、かなり短くすることができるといえるでしょう。

ソプラノ脱毛は、非常に効果的な医療脱毛であることは間違いありません。ですが、まだまだ施術できるところも少ない方法です。これから先、主流になっていくことは間違いない方法であることも間違いないでしょう。

次の記事へ