保険適用となる痩身クリニック

Home > コラム > 保険適用となる痩身クリニック

保険適用となる痩身クリニック

最近ではクリニックやエステサロンなどで痩身の施術を受けたいと考えている人が増えてきましたが、一般的にクリニックとは医療機関のことであり、エステサロンとは医療機関ではない店舗のことを指しています。

クリニックなどの医療機関では、医師からのアドバイスを受けることができ、薬物療法や食事療法、運動療法などといった方法で痩せることができます。医学的に効果を期待できる方法となっていますが、エステサロンでは医療行為を行うことができません。そのため薬品ではないサプリメントを使用する方法や、マッサージなどの方法でスリムなボディラインを目指していくことになります。

医療機関では、一般的に健康を目的とした痩身を行っており、食欲抑制剤などによる薬物療法が可能です。また、補助的にサプリメントなどを使用することもありますが、脂肪吸引など外科的な方法を行うところもあります。基本的に費用は保険適用となるため、エステサロンよりも安く済む場合が多いです。

エステサロンでは、外見的な効果を目的とした痩身を行っており、薬物は使用することができません。そのためダイエットに効果があるとされるサプリメントなどを使用し、マッサージや発汗、パックなどの機器や手技を用いることになりますが、一般的に費用は高額となります。

一般的にクリニックや病院などでは、健康に害のある肥満を改善するために痩身の施術を行っています。そのため無理なダイエットを勧めることはありませんし、健康的に痩せることができると言えるでしょう。しかし、自費診療の場合は美容効果の高い外科的な処置を行うことになるため、医療と美容両方の意味合いを持っています。

エステサロンの痩身は外見を細く見せたいという人やウエイトダウンをしたいという人、サイズダウンをしたいとう人にオススメです。脂肪吸引などの施術を受けることはできませんが、店舗によっては医師がアドバイスしてくれるところもあります。

ちなみに、痩身という言葉にはいくつかの意味があり、肥満を改善するという意味だけではなく、見た目を綺麗にするという意味もあるでしょう。料金だけなら保険を適用した医療機関が最も安価となりますが、中にはこのような施術にあまり前向きではないところもありますし、アドバイスだけで料金を請求されるところもあるので注意しましょう。また、美容目的を表に出した医療機関では、保険の適用がないところがほとんどです。

次の記事へ